2014年01月05日

一定期間更新がないため広告を表示しています

By スポンサードリンク | - | Time : | CM : 0 | TB : 0
2010年12月14日
JUGEMテーマ:絵本紹介
 
随分と間が空いてしまいました。
幼稚園の文庫で借りた本の記録です。


エヴァ ビロウ
フレーベル館
発売日:2008-03
細長い本で、うさぎ好きな息子が飛びつきました。
可愛らしい絵本でした♪


定番中の定番ですね。
昔ながらの絵柄も、興味深く食いついていました。

村の皆が恐れていたやまんばが、実は優しかった…という王道の昔話^^
古い言い回しも子どもは案外すんなり聞いてくれるんですね〜。
ふと、毎週土曜日楽しみに見ていた「まんが日本昔ばなし」を思い出しました。

さとう わきこ
フレーベル館
発売日:2001-04
ねずみがなる木なんてあるのかな…??
ラストがちょっぴり衝撃的でしたww不思議なお話ww
面白かったです♪

子どもって傘が大好きですよね〜!
うまくさせないけど、さしてるだけで笑顔。
可愛くて楽しい絵本でした♪

西巻 茅子
こぐま社
発売日:2003-03
完全に私の趣味で借りましたw
刺繍とアップリケで描かれた可愛らしい絵本でした♪
平仮名に興味津々な息子にも内容的にはぴったりでしたが、あまりにラブリーで反応が薄かったような…。

今回の大ヒットはこれ!
返すまでに何度読んだやら…。
息子は五味太郎さんの絵が大好きのようです♪
上手に仲良く「はんぶんこ」する様子、最後はちょっぴりコミカルで可愛いかったです!



**********
この日に借りたのはこの7冊。
その前に借りたのをまだこちらでご紹介していないのですが、前の貸出カードがどこへいったか分からなくなっちゃったので(^^;見つかったらまた更新しまーす。


By かぴ | ありんこ文庫 | Time : 11:35 | CM : 0 | TB : 0
2010年08月03日
JUGEMテーマ:絵本紹介
 
夏休みに入ってすぐ帰省し、東京に戻ってからは私の習い事に追われ、更新が止まってしまいました。
ありんこ文庫で6月に借りた本のご紹介です♪



1から12までの数を数える絵本。
少しずつ村が育っていき、ひとつづつ数えていくのが楽しいようでした。
文字はありません。


五味 太郎
岩崎書店
発売日:1982-01-01

上の絵本とは対照的に、こちらは文字ばかり。
タイトル通り、ことばあそびが次から次へと繰り広げられます。
3歳の息子には、途中からちょっと難しかったかな〜。。。これはむしろ、小3の上の子に読ませてみれば良かったです。と、返してから気付く。

かわかみ たかこ
学習研究社
発売日:2009-01

みかんが大好きな女の子。いっぱい食べすぎて、みかん色になっちゃった…!!
イラストが可愛く、メルヘンチックな物語で楽しく読めました♪

体の形を自由に変えられるバーバパパ一家。
サーカス団に変身です!
息子が選んだ絵本。楽しく読めました♪



長新太さんの絵本、大好きです。
これはずーっと同じ台詞が続き、不思議な世界観…読み手の腕にかかってるかも!?
うちの子ども達はツボにハマったようで、ゲラゲラ笑いながら聞いてくれました^^


「だいどころにもはるがきた」


残念、リンクが見つかりませんでした。
古い「こどものとも 年少版」だったと思います。
台所にあるお野菜が、食べずに置いておくとそのうち根が伸びたり花が咲いたり…。
普段見ている野菜の変化を綺麗なイラストで紹介した本でした。


「あかですよ あおですよ」

こちらも残念、リンクが見つからず。同じく「こどものとも 年少版」でした。
だるまちゃんでおなじみ加古里子さんの絵本。
たこの小学校でお絵描きをして…とっても面白い話で、子ども達と大笑いしながら楽しみました♪
ハードカバー化されていないのかぁ、もったいないな。



こちらの本は7月に返却し、夏休み前にまた新しく10冊借りてきました。
返す頃にまたご紹介します!
By かぴ | ありんこ文庫 | Time : 11:39 | CM : 0 | TB : 0
2010年06月02日

JUGEMテーマ:絵本紹介

息子が通う幼稚園には、ママが運営する文庫があります。
蔵書の数はなんと、約4,000冊!!絵本を中心に、紙芝居や幼児向けの辞典などもあります。
近所の区立図書館より充実してるかも…♪

貸し出し・返却は、午前保育の水曜日。月に1〜2回開催されるそうです。
先週初めて借りてきた絵本を、今日返してきました♪
親子で楽しんだ絵本を、これからここに記録として残しておこうと思います


■1冊目
高畠 純
絵本館
発売日:1993-10










ペンギン好きな息子が選んだ本。
シンプルな絵に、少ない文字…良いね!と思って借りましたが、3歳児にはまだこのニュアンスは難しかったな
ブラックユーモアの一歩手前という感じの、 ショートショートっぽい笑いがある絵本でした。


■2冊目










超定番!
久しぶりに見かけたので、思わず手にとって借りました。
これもシンプル。青と黄色が混ざったら緑になるなんて!息子は目を丸くし ていました。
以前読んだ時はそういうところまで気がついていなかったな〜。成長を感じられて嬉しかったです


■3冊目
五味 太郎
岩崎書店
発売日:1979-01-01












現在、ひらがなにとても興味がある息子の為に、私が選びました。
あ〜ん(「を」は除く)の一つ一つを使った言葉遊びが繰り広げられて、楽しく学べ る絵本です♪
カタカナやアルファベットも載っていて、眺めながら自然に覚えていけそうです。


■4冊目








虫は苦手なのですが、入園してからちょっと興味が出てきた様子の息子。
いろいろな辞典系の本棚から、自分で選びました。
蝶や蛾の幼虫が糸 を出してさなぎになる様子や、蜘蛛の糸など…糸でいきる虫たちの写真が豊富です。


■5冊目
■6冊目 ■7冊目





今、息子のクラスでは絵本の「わにわにシリーズ」が大流行中だそうで。
※わにわにシリーズとは → こちら
この本を文庫で見つけた時に、「あ!わにわにくんだ!!!」と飛びついて、絶対にこれを借りるんだと離さなかった息子だったのでした。
わにはわにでも、わにわにくんじゃなくてライルなんだけどね

年少さんが読むには、話がちょっと長くて難し いところがある…かもしれません。
絵本を読みこなしているお宅なら大丈夫かも??
読み聞かせる親の腕次第、といったところでしょうか (笑)。

我が家は読み疲れてしまった私に代わり、小3のお姉ちゃんが読み聞かせてくれて、二人で仲良く楽しんでいました






1回の貸し出し限度が7冊までなの で、今回はこれで終了。
今日返してまた新たに7冊借りてきたので、返すころにまた更新します♪
By かぴ | ありんこ文庫 | Time : 18:01 | CM : 2 | TB : 0